読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアの0.5px

アイデアを考えることに、ちょっとだけ役立つブログです。「空いてる土俵」を探すという考え方のもと、発想法/ノート術/アイデアツール/ライフハック/書評/ブログを馬鹿にしたブログ/などを提唱していきます。何かアイデアのヒントを探している方、ノート術の類の話が好きな方はぜひ。

ワクワク論 〜日曜の夜を最高にHAPPYにする方法〜

f:id:sato_nezi:20140330181425j:plain

僕が昔から「ワクワク論」と呼んでいる法則を、ご紹介します。

●ジャンプを読んでいるときより、月曜に「今日はジャンプだ」と思っているときの方が楽しい。

●土日より金曜日の夜の方が、なんだか気分はウキウキしている。

●夏休みに入る前に、この1ヶ月をどんな生活を送ろうか考えてるときが最高。

 

本番よりも、本番前の方が脳が喜んでいることがある。これが「ワクワク論」です。

このワクワク論は、ちゃんとした論文にもなってました。

『将来の想像や妄想をしている時のほうが実は幸福度は高い』

 

ここでポイントなので、この法則は多くの人に共通する鉄の法則なので、これを応用すると、もっと毎日を面白くすることができると思うのです。

日曜の夜を楽しくする方法

f:id:sato_nezi:20140330182047j:plain

1週間のうちで一番ハッピーじゃないのはいつですか?僕は昔、日曜の夜〜月曜の朝が嫌いでした。仕事は楽しいので、そんなにナイーブになることはないですが、それでもやっぱり「サザエさん症候群」「ブルーマンデー」というように、日曜の夜や月曜の朝は、気分がどんよりしている場合が多いですよね。ワクワク論の反対の状態です。これからまた1週間仕事か。。となると、気分が沈みがち。

 

だから、月曜の朝や昼に「ワクワク」を用意すればいいのです。

僕の場合はこんな感じです。

●毎朝6時半〜7時に起きて、長めの半身浴読書(この時間は最高に幸せ)

●始業の1時間前に出社して、勉強やアイデア出しの時間にあてる(偉いことしてるようで至福の気分に)

●毎週月曜の朝に、今後3年くらいの将来の目標イメージを思い描く

さらに日曜の夜に、休日スイッチを、仕事スイッチに切り替えてから寝ることもポイントです。

●日曜の夜に、月曜のタスクを洗い出しておく

月曜の朝にスイッチを変えるのは、実はすごく身体に負担がかかります。

日曜にスイッチ変えてから、眠ることで月曜は朝から仕事モードになれます。

 

こうやってルールをつくって繰り返していくと、日曜の夜に「早く月曜にならないかな〜」という境地になります。