読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアの0.5px

アイデアを考えることに、ちょっとだけ役立つブログです。「空いてる土俵」を探すという考え方のもと、発想法/ノート術/アイデアツール/ライフハック/書評/ブログを馬鹿にしたブログ/などを提唱していきます。何かアイデアのヒントを探している方、ノート術の類の話が好きな方はぜひ。

二つの目がついて、鼻が一つ、耳が一つ、口が一つの生物

今日、二つの目がついて、鼻が一つ、耳が一つ、口が一つの生物に出会った。

二足歩行で直立しており、猿にかなり似た姿であった。

しきりに手のひらサイズの薄い板を無表情で眺めたり、触ったりしていた。

背中には、何か黒いものを背負っており、そこから銀色の板が出てきた。

その板は貝のように、開いた。白いリンゴのような図形が光った。

同時に、「どぉーーーん」と独特の音色が鳴った。

そして板についている黒い突起面を左右の指で叩き始めた。

顔は無表情である。

しばらくすると、白い物体に、黒い湯気のたつ液体を持ってきた。

白い物体には緑色の図柄が入っている。

その図柄にも、この生物と似た形が簡略化されて刻印されていた。

黒い液体を飲み込むと、また銀色の貝を叩き始めた。

 

そのあと、その生物は白い容器を、木目の板の上に置き、歩き出した。

透明の2つの板が左右に動き、外に出て、そのまま花がたくさんある場所に向かった。

そこで、赤い花を1つ手にとり、足の付け根あたりにある袋状のところから、

丸くて平ぺったい銀色の物体を数個、それから紙状のものを1つ取り出し、

別の二つの目がついて、鼻が一つ、耳が一つ、口が一つの生物に渡した。
その別の生物は、「カーネーションオヒトツデヨロシイデスカ?」という鳴き声を発した。

もともと追尾していた方の、二つの目がついて、鼻が一つ、耳が一つ、口が一つの生物は「ハイ」と喉を鳴らし、赤い花を手にもち、さらに歩いていった。