読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアの0.5px

アイデアを考えることに、ちょっとだけ役立つブログです。「空いてる土俵」を探すという考え方のもと、発想法/ノート術/アイデアツール/ライフハック/書評/ブログを馬鹿にしたブログ/などを提唱していきます。何かアイデアのヒントを探している方、ノート術の類の話が好きな方はぜひ。

「Tポイントカードありますか?」と絶対に聞かれない方法

f:id:sato_nezi:20140622215553j:plain

「Tポイントカードありますか?」
「あ、大丈夫です。」

ファミマでのこのやりとり、本当に毎日の小さなストレスでした。
以前、これが嫌すぎて、
Tポイントカードいりませんマークをつくった事もありました。

 

Tポイントお断りマーク
http://not.nezihiko.com/

f:id:sato_nezi:20140622214744p:plain

しかし、結局このマークをいつも持っていると、逆に目立ってしまい、
店員さんに対しても、感じが悪くなるので、1回持っただけでやめてしまい、
改善には至りませんでした。

その後はもうあきらめて毎日毎日、雨の日も雪の日も、
Tポイントカード持っていません。と言い続けました。

 

絶対にTポイントカードについて聞かれなくなる、たった1つの方法

そんなある日、Tポイントカードについて聞かれなくなる方法を発見しました。それは、あまりにもシンプルで、当たり前すぎる答えでした。

 

レジについてすぐ、Tポイントカードを出す

 

そう、たったこれだけです。これだけで、何も聞かれないのです。
しかも。
当たり前ですが、ポイントまでつくのです。こちらとしては、一石二鳥。
僕、ポイントもちょっと貯まってきて、
この前Tポイントで買い物までしちゃいました。
ソフトバンクポイントも、Tポイントカードになるそうですね。
2014年きてます、Tポイントカード。

 

それにしてもまさか、Tポイントカードを出すってことが、
こんなにも簡単なことだとは思いませんでした。
断るストレスに比べれば、出す方がよっぽど楽。
自分が素直になれば、仲良くなれる人間関係と同じ。
僕はなんだか、意地になってたのかもしれません。

ちなみに、出すときのコツとして、

 

財布の一番出しやすいところに、Tポイントカードを入れておく。

 

これだけ徹底しておけば、あれTポイントどこだっけ?と探さなくてすみます。
suicaと同じだと思えばいいのです。ファミマで購入するための儀式だと。
ちなみに、suicaで購入する人は、Tポイントカードと2枚出すだけなので、
これもまた快適です。

なんてくだらない話なんだと思われるかもしれませんが、
僕と同じ境遇にあって、ずっと小さなストレスを抱えているたった1人でも
救えるのだとすれば、僕が筆をとった価値はあります。

情報化社会の時代にパソコンやスマホからは避けられないように、Tポイント化社会の時代に、Tポイントカードは避けれないのです。一度でいいので、カード出してみてください。


ありがとうございました。